竹細工

当店では今、エントランスに【たいしたもんではありません。】

に、一つだけ竹細工を飾っています。

 

先ほど来店したお客様がたいそう興味をもたれました。

 

これは、誰の作品だと。

 

初めてのことです。

しかも、その方は造形もあったように感じました。

 

実は、その作品は私の叔父がつくったものでした。

いちおう、竹風斎という、銘もあります。

 

私が、若い頃たぶん、40年くらい前にいただいたものです。

私の父が別府に療養している時何度かお世話になった時

これをやる、と言って私にくれました。

 

叔父は戦争で足を怪我しました。その頃の農家の次男は何ももらえません。

手に職をつけようと私の叔母と一緒に別府に行き。。

死に物狂いで竹細工を習ったようです。

 

その作品を分かってくれるお客様が今日来てくれて嬉しかったです。

 

大切にしようと思いました。

 

高値が付いたら、売ろうなんてこれっぽちもおもっていません。

ん。

コメント